便秘になりやすい人におすすめの便を柔らかくする食べ物は?

便秘になりやすい体質というものはありますが、原因を探れば実に様々です。
食生活のバランスが良くない状態が続けばどんな人でも便秘になりやすいものですし、運動不足で血行が滞れば、それもまた便秘を招きやすくするでしょう。
ゆっくりとトイレに行く習慣や時間がない場合や、極度の緊張感から開放されないような状態も便秘を起こしやすくします。
一時的な便秘で解消されればよいのですが、ひどい症状にいたるまでは意外と軽視されがちで、つい慢性化に陥ってしまいます。
そんな状態を少しでも緩和するために、日頃から食事に気を付けることが大切です。
栄養価に気をつけて、色々な食べ物をバランスよく摂ることは基本ですが、便を柔らかくする効果が期待できる食べ物も多く摂りたいものです。
食物繊維や整腸作用の高い食品は身近にたくさんあります。
バナナは朝食や間食に適していますし、乳酸菌を多く含むヨーグルトや納豆などの発酵食品も手軽に食べることができます。
また、リンゴも便を柔らかくする働きがありますし、鉄分が豊富なドライプルーンやプルーンジュースにも効果が期待されています。
また、十分な水分補給も便を柔らかくするためのポイントです。
体の内外から便秘になりやすい体質を改善していくのがよいでしょう。

1-image

便秘の解消に即効性のある食べ物は?

即効性の便秘解消効果のある食べ物をご存知ですか。
腸内の状態により個人差はありますが、おすすめは乳製品の食べ物です。
便秘の原因の一つは腸内環境の乱れです。
ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌のエサとなることで善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで、便秘解消の効果が期待されます。
また、食物繊維が多く摂れるスムージーもおすすめです。
スムージーには色々な種類がありますが、そのほとんどが野菜や果物を生のまま丸ごと使用しています。
生野菜や果物には酵素が含まれており、食べ物の消化吸収機能をサポートすることができます。
さらに丸ごと使うことで食物繊維も豊富に含むため、腸内の老廃物の排出を促すことが出来、便秘解消に繋がります。
その他、発酵食品を摂ることもいいでしょう。
納豆やキムチなどの発酵食品には、ヨーグルトと同様に菌が含まれ便秘の予防にも役立ちます。
発酵食品を摂ることで腸内環境を整え、消化吸収が良くなり、便秘の改善や免疫力を高めるのに効果的です。
現代は食生活も欧米化され、発酵食品を摂ることが少なくなりましたが、意識して食事に摂り入れるようにしましょう。
便秘の原因の一つは腸内環境の乱れですので、腸内の善玉菌を増やす働きのある食べ物には即効性の効果が期待されます。

2-image

妊婦の対策にはどんな食べ物が良い?

妊婦の便秘対策の食べ物はたくさんあります。
妊娠中は、女性ホルモンの関係で普段、快便でもどうしても便秘になりやすくなってしまいます。
便秘が続いてしまうと、お腹が張ってきてしまいとても辛いものですので、早めに改善していくことが大切です。
便通を良くする食べ物として、ヨーグルトがあります。
ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますので、腸内環境を改善する効果が期待できます。
できるだけ毎日食べるように心がけましょう。
他には、ごぼうや人参などの根菜類やさつまいも、かぼちゃなどのイモ類も、便通をよくする効果があります。
こういった食べ物を積極的に摂取することで、症状は改善していくでしょう。
また水分量も便秘と大きく関係しています。
水分が不足してしまうと、便が硬くなり出にくくなってしまいますので、水分はこまめに補給することが大切です。
食べ物だけでは、なかなか改善されない場合は運動を取り入れてみましょう。
運動と言っても激しい運動はもちろんすることはできませんので、ウォーキングなどを負担にならない程度に行なうことがおすすめです。
このようなことをしても症状が改善されないときには、産婦人科で身体に負担のない薬を処方してもらうようにしましょう。

3-image

参考サイトについて

便秘を解消するために食べ物を意識して変えていくことは効果的です。
さらに、飲み物も色々と変更していくのがおすすめです。
でも、どんな飲み物を飲んだらいいの?と思ったら、こちらのサイトをチェックしてみてください。

参考サイト:便秘のお茶って市販されてない